2009年 07月 17日

芥川賞

今朝は曇りだが、5時過ぎ写真を撮影中に雨が降ってきた、予報は雨のち曇り
d0081669_68295.jpg
d0081669_681744.jpg
d0081669_683228.jpg
d0081669_684841.jpg

今月10日の渋谷駅前広場
d0081669_6101456.jpg
d0081669_6102979.jpg

昨日、発表になった芥川賞、今年の受賞者は磯崎憲一郎さん「終の住処」
作者は三井物産人事部に籍を置く、サラリーマン、作品は10年間の結婚生活の末
離婚を決意して、妻に告げようとした夜、待ち合わせたレストランで、妻から妊娠を告げられる。
そこから、「別れない話」を書こうと決意、仕事と家庭の話を綴った。
作品を読んでいませんが、家族は喜んでいるようですが、複雑な思いもあると思います。
プライバシーを書かれた訳ですから、いろいろな思いもあるでしょう。
小説家は、身を削るといいます。だから読者の共感もえられるのでしょう。本人は、それが職業ですから
いいのですが、周りは大変でしょう。ちょっとそんなことを考えました。
昨日の夕空
d0081669_625955.jpg

こども達
d0081669_6254823.jpg
d0081669_626158.jpg

[PR]

by monejiiji | 2009-07-17 06:04 | その他


<< 心のバランス      梅雨明け >>