案山子のひとりごと

monejiiji.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 05日

明日への遺言

今朝は晴れ、穏やかな朝
d0081669_638068.jpg

昨日は映画を見ました
d0081669_6384736.jpg

見たのはこれ
d0081669_6391642.jpg

3月1日に封切りになって、見たいと思いつつ、内容が内容なので、逡巡していました。
もう終わりそうなので、思い切って見に行きました。
内容は、太平洋戦争が終戦となった後の、B級戦犯裁判、B29の爆撃機が名古屋地区を
絨毯爆撃した際、降下した乗組員を処刑した日本軍の軍人を裁くもの、有名なA級の
東京裁判と並んで、横浜で行われたこの裁判は、比較的フエアな裁判だった。
結果は岡田資(たすく)中将が、終始部下をかばって、ただ一人絞首刑になり、部下は
結果的に全員が、後に釈放された。
軍事施設ではない、民間人相手の絨毯爆撃は国際法に違反していると、時には広島
長崎の原子力爆弾にまで、言及した裁判は、判事、検事、慈愛あふれる弁護人の人柄
ともに、勝者が敗者を裁く、戦争裁判のなかでは、まともなほうだったよう。
ただし、戦争裁判はあくまで、勝者の論理での裁判、戦争を裁くこと自体が無力であることは
誰の目にも明らか、根本的には矛盾だらけ。ただ、責任逃れに終始した日本人もいた中で、
岡田中将という、素晴らしい武士道を持った日本人がいたことに、感動しました。
当時の裁判で約1000名の日本人が処刑されました。
この映画を観た人は、たぶん年配の方が多かったと思いますが、今の若い人に、歴史の
認識と言う意味で見て欲しいと思いました。
映画を観終わって、帰宅したら公園で一輪車の女の子と妹が寄ってきました。
d0081669_7124030.jpg

妙にしみじみと、お話ししました、
桜も散って、昨日の夕陽
d0081669_714227.jpg

d0081669_7142369.jpg

[PR]

by monejiiji | 2008-04-05 06:35 | その他


<< 給食費滞納1200万円      ウオーキング、船橋運動公園 >>