案山子のひとりごと

monejiiji.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 31日

動中求静(どうちゅうきゅうせい)

今朝は小雨、予報は一日曇り、気温は低い
d0081669_6191424.jpg
d0081669_6192818.jpg
d0081669_6194221.jpg
d0081669_6195421.jpg


さて、太極拳十要も最後になりました。十番目の教えは、動中求静(どうちゅうきゅうせい)
動きの中に、静けさを求めよ、ということである。力を用いず、意を用いて、動きの中に静けさを
求めて演武するとき、太極拳は座禅、立禅と並ぶ、行禅のひとつとなる。
静かな動きの中に、さらに静けさを求めて演武すると、そこには、逆説的にいえば、静的な
「緊張」が生まれる。
静的な緊張は、ともすれば、日常の俗事のなかで、散りじりに失われがちな、我々の心を
統一し、精神の安定をうながすこととなる。

長々と、太極拳のはなしに、お付き合いいただいて、恐縮です。スポーツも武道も、突き詰めて言えば
人間修行ということのようです。
毎日、起きて、食べて、飲んで、息をすって、話をして、寝る毎日ですが、そこに、何らかの意味合いを
考えて行動すると、また違った世界が見えるということでしょうか。
人生を静かに深く、味わいたいものです。
昨日の夕空、昼間30度を超す猛暑のあと、夕方になって急に雲が、今にも降りそう
d0081669_6424691.jpg
d0081669_643115.jpg

[PR]

by monejiiji | 2009-07-31 06:16 | その他


<< 冷夏      相連不断(そうれんふだん) >>