案山子のひとりごと

monejiiji.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 30日

相連不断(そうれんふだん)

今朝も曇り、予報も一日曇り、朝4時30分、起きがけは、こんな空
d0081669_713031.jpg

5時少し前、何時もの貯水池、少し太陽が
d0081669_73381.jpg
d0081669_731830.jpg
d0081669_733038.jpg
d0081669_734536.jpg
d0081669_74186.jpg
d0081669_741581.jpg

朝の太極拳の始まる前、何時ものワンチャン
d0081669_751257.jpg


太極拳十要も、9番目になった。相連不断(そうれんふだん)
「太極拳は、長江(揚子江)大河の如し、滔々(とうとう)として、絶えず流れる」といわれる。
太極拳を演武するとき、手はあたかも「糸を紡ぐが如く」また足の動きは「停まるににて、
停まらず」、綿々不断として、演じなければならない。
太極拳は、大河の流れのように、ゆったりと、それでいて停まることなく演じなさい、という教え。
これぞ、中国3000年の流れ

昨日の夕空
d0081669_7213244.jpg
d0081669_7214331.jpg
d0081669_7215413.jpg

[PR]

by monejiiji | 2009-07-30 06:58 | その他


<< 動中求静(どうちゅうきゅうせい)      内外相合(ないがいそうごう) >>