案山子のひとりごと

monejiiji.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 28日

上下相随(じょうげそうずい)

今朝は曇り、予報は雨のち曇り、明け方は降っていた模様
d0081669_649336.jpg
d0081669_64919100.jpg
d0081669_6493018.jpg
d0081669_6494311.jpg
d0081669_649566.jpg
d0081669_6501773.jpg
d0081669_6503148.jpg
d0081669_6504786.jpg


7番目の教え、上下相随(じょうげそうずい)
太極拳において、その根は脚にあり、腿において発し、腰において主宰し、手指において形とす。
脚より腿から腰へ、すべてすべからく、一気を完整すべしなり。手動き、腰動き、足動き、眼神またこれについて動く。これを、上下相随(じょうげそうずい)という。
一つでもうまくいかない状態を、散乱という。
難しいですが、体の動きを連動させなさいというようなことでしょうか。上手く連動できないと、バランスが崩れると。能役者は、歩き10年といいます。

昨日の昼間、雨の合間に蝉が鳴いている。ピンボケだが
d0081669_793720.jpg

昨日の夕方、雨が降っているのに、西の空が光っていた。傘をさしての撮影、こんなことは珍しい。

d0081669_76859.jpg
d0081669_762043.jpg

[PR]

by monejiiji | 2009-07-28 06:46 | その他


<< 内外相合(ないがいそうごう)      盆踊りと「用意不用力」 >>