2009年 07月 27日

盆踊りと「用意不用力」

今朝は曇り、予報も一日曇り
d0081669_6242293.jpg
d0081669_6243649.jpg
d0081669_6245315.jpg
d0081669_625791.jpg
d0081669_625234.jpg
d0081669_6253761.jpg

地元の盆踊り
d0081669_6263467.jpg
d0081669_6264614.jpg
d0081669_6265874.jpg
d0081669_6271147.jpg
d0081669_627227.jpg


太極拳の教え、6番目は「用意不用力」(力を用いず、意を用いよ)
人間の体には、径絡があって、田畑の水路のように水が流れ、気も流れている。太極拳を習うということは
全身を緩め、開くこと。力によって自らを束縛するのではなく、常に血脈、気径を流すことで、円転自在の動きをすること。力ではなく、「意」を用いるということは、それによって、「気」を全身に流すことである。
力を用いないということは、体が浮いてしまう。柔軟を極めてのち、堅剛を極める、そのことが「力」ではなく
「意」を極めるということである。
難しいですね。体を動かすのに、筋肉の力に頼るのではなく、太極拳を習うことで、気の流れで動かしなさいというようなことでしょうか。まだまだ道遠しです。

昨日の夕空
d0081669_6545548.jpg
d0081669_655782.jpg
d0081669_6551947.jpg

[PR]

by monejiiji | 2009-07-27 06:21 | 季節


<< 上下相随(じょうげそうずい)      隅田川の花火 >>