案山子のひとりごと

monejiiji.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 25日

沈肩墜肘(ちんけんついちゅう)

今朝は曇り、予報は一日曇り
d0081669_742324.jpg
d0081669_743810.jpg
d0081669_745145.jpg
d0081669_75541.jpg
d0081669_752244.jpg
d0081669_753519.jpg

学生時代の運動部の集まり、銀座の何時もの倶楽部
d0081669_764377.jpg
d0081669_765685.jpg
d0081669_773117.jpg
d0081669_77459.jpg


沈肩墜肘(ちんけんついちゅう)
これはちょっと専門技術、簡単に言えば、肩に力が入ると拳は上手く抜けず、気も抜ける
同じように、肘も力が入ると肩も上がってしまい、うまく、拳で相手に打撃を与えることが出来ない。
肩や肘に力が入ると、全体の気も断絶すると。
よく全力投球という言葉があるが、ある瞬間は力を入れたり、思い切りスナップを効かせるが、
あとは瞬時に力を抜かないと、スピードは出ないし、変化球も効かない。
拳の攻撃も、いかに力を抜くかが勝負。
矛盾するようだが、勝負どころでは、いかに肩の力を上手く抜けるかが、鍵ということか。

昨日の夕空、雨の合間
d0081669_721991.jpg

[PR]

by monejiiji | 2009-07-25 07:00 | その他


<< 隅田川の花火      分虚実(ぶんきょじつ) >>