案山子のひとりごと

monejiiji.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 24日

分虚実(ぶんきょじつ)

今朝は曇り、予報は一日雨
d0081669_5482967.jpg
d0081669_5491819.jpg
d0081669_5493871.jpg
d0081669_550747.jpg
d0081669_5503014.jpg
d0081669_5504664.jpg
d0081669_55153.jpg
d0081669_5512115.jpg


4つ目の教えは「分虚実(ぶんきょじつ)」
太極拳は虚と実を分けるのが、第一義です。右足(腰)に重心をかけているときは、右足(腰)が実で、左足(腰)が虚、左足(腰)に重心をかけているときは、左足(腰)が実で、右足(腰)が虚。
うまく、虚実を分けることができれば、その後の動きが軽妙に動けて、力も入らない。
虚実が、上手く分けられないときは、動きが重くなり、隙が出来て、簡単に、相手に付け入られてしまう。
これも難しい。ただ、常に重心をかけているところと、反対に力を抜いた部分があれば、次の動作がスム-ズ
に行くということはあるでしょう。
人間どこかに、隙を作っておくといいと、ゆうようにもとれます。

昨日の夕空
d0081669_5531775.jpg
d0081669_5533060.jpg

[PR]

by monejiiji | 2009-07-24 06:30 | その他


<< 沈肩墜肘(ちんけんついちゅう)      鬆腰(しょうよう)  >>